万一以上に備えたいがん保険

万一以上に備えたいがん保険

万一以上に備えたいがん保険 がんは皆さんご存知の通り、日本人の死因第1位です。そんながんの治療法ですが、外科手術、薬を使った化学療法、放射線を使った放射線治療、その他にも免疫を利用した治療など新しい治療法が確立されてきております。

がんの治療費については、外科手術は内視鏡や体に穴を開けて行う小さな手術から、全身麻酔で行う大手術まであり、治療費は数10-100万円以上になります。薬を使った化学療法については、いわゆる抗がん剤による治療費は1回50-100万円となり、がんの種類や転移によっては複数回行う場合もあるとのことです。そして、放射線治療では50万円程度かかります。もちろん医療保険適用の3割負担になりますし、高額医療費制度の利用で月々8-9万円程度までの支払いとなります。

ですが、かかる費用は治療費のみではありません。会社員の方であれば休業中は給与の支給額は減りますし、自営業の方ではなおさらです。治療が長期にかかる場合には、雇用の不安定な時代ですので失業の可能性もあります。

また、新しい治療法が開発された時や昨今話題の新薬では保険適用外であったり、高額な場合があります。生活費への負担は増えますが、がん保険の特約を利用し医療保険適用外への対応や、収入の保証と一時金など万一に備える必要があると言えるでしょう。万が一に備えて、がん保険の加入を検討してはいかがでしょうか。

最新のお知らせ

  • [2017年02月06日]
    ホームページを更新しました。

  • [2017年02月06日]
    運営者情報を追加しました。